輪であそぼう4才向け

紙の輪をたくさんつくって輪で立体物をつくってみよう。

細長く切った厚紙を使い、輪をたくさんつくります。できた輪っかを平面、立体につなぎあわせいき、いろいろな立体形に変化をさせて楽しみます。たくさんつくって中に入って遊ぶこともできます。


用意するもの
厚紙/はさみ/カラーガムテープ/

セロハンテープ


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 細長い厚紙(4cm×30〜50cm程度)をたくさんつくり、それぞれを輪にしてテープでとめる。ガムテープは保護者が手伝う。
  2. たくさんつくった輪同士をセロハンテープでとめていく。
  3. 輪同士がくっついてできた平面体の中央を持ち上げて立体にし、床に接する部分をテープでとめて固定する。

育まれる力

紙を輪にしてとめたりつなげることはこどもにでも簡単につくることができます。ので、できるかぎりたくさんつくりましょう。輪というシンプルなかたちと扱いやすくいろいろなかたちに変化させやすい厚紙はこどもたちの想像力をふくらませます。床にな並べたり、積み上げたり、吊ったりすることで遊びの幅もひろがります。