目玉シールで顔にしちゃおう4才向け

普段使いの雑貨が生き物にかわる!?「顔」を見立てる想像力のあそびです。

本来の目的と異なる使い方をすることで、どんなものも玩具に変身します。半分に切って新しいパーツをつくるなどの工夫で、顔などに見立てやすくなり、自ら発見し、見立てる楽しさを覚えます。


用意するもの
パンチラベルシール/はさみ


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 身近な雑貨に保護者が顔をつくって貼って見せる。何枚かのシールは半分にカットして、半円状にして口や閉じた目にする。
  2. こどもの発想で、様々な雑貨に貼る。白の目立つ色の濃いものを探したり、シールに色を塗って貼ってもよい。

育まれる力

見立てる力などの想像力や思考力、構成力を養うあそびです。シールそのままのドーナツ形だけでなく、半円にカットしたり、分割したりなどの工夫を保護者がすることによって、それを扱うこどものあそびも広がります。なるべく、貼ってはがしやすい、色の濃いベース素材をあたえ、さらに見本を見せるなどして、あそびをリードしていきましょう。