丸シールで絵を描こう3才向け

単純な円形をつかって見立てながら想像力を培う、構成あそびです。

丸シールを使って、絵を描いていくあそびです。ミニマムな数で顔をつくってみたり、重ねたり並べたりしながら、具体的な絵も抽象的な絵も描くことが可能です。


用意するもの
丸シール/画用紙


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 丸シールを使って、色々なものに顔をつくってみよう。まず、保護者が見本をつくってヒントを与えるとよい。
  2. 丸を繋ぎながら、または重ねながら、何かに見立てて絵が描けることを、保護者が見本をいくつかつくって示す。(花/車など)
  3. 自由に見立てるもいいし、線の上にはる、色に順番をつけるなど、ひとつルールをつくってみると、続けるだけで作品のようになる。

育まれる力

はじめはわざと少ない枚数のシールを与え、物と組み合わせたり、手書きの絵などと組み合わせたり、見立てたりするなどの見本を保護者がみせることで、こどもの想像力が感化され、自発的な工夫や創造的なアイディアが生まれます。こどもがコツを得てきたのを感じたら褒めて、シールの枚数を増やして自由に発想させてみましょう。