箱形万華鏡をつくろう6才向け

厚紙を使って万華鏡をつくり、世界に一つだけの模様つくりを体験できるあそびです。

親子で簡単につくれる万華鏡です。つくるプロセスを見たり体験したりすることで、できあがったおもちゃであそぶだけではなく、採光の方法を知ったり、反射や透過の仕組みを自然に学ぶことができます。


用意するもの
厚紙/ホログラムシート/セロハンテープ/
穴あけパンチ(1穴)/カラーセロファン/
製本テープ/はさみ/カッターナイフ

※カッターナイフの使用には十分お気をつけください。
※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 5cm×5cmの厚紙を6枚用意し、片面にホログラムシートを貼る。そのうち3枚をL字にして並べ、セロハンテープで止める。
  2. 残り3枚は角を1箇所7mm程度切り落として、同様に止める。各面に一つずつパンチで穴を開け、その穴をセロファンで覆う。
  3. キラキラ面を内側にして組み合わせ、面同士の隙間は、製本テープで塞ぐと箱が完成する。光のほうを向き、隙間から中をのぞく。

育まれる力

サイコロが何面でできているか、はじめにクイズをしてみるとよいでしょう。こどもたちは体験をしながら知恵として記憶できていくものです。完成したら、デジカメなどの接写モードで完成したものを覗くと、複数人で鑑賞できます。美しい模様の変化に好奇心が芽生え、科学的にものをみる基礎的な力や、自然現象を楽しむ力が育まれます。