ペットボトルキャップの記憶ゲーム

2才向け

ペットボトルキャップを使った記憶ゲームをつくってあそぼう

ペットボトルのキャップにシールで模様をつけて同じ色を当てる記憶ゲームをします。カードより握りやすく、数も調整できるので、小さな子から挑戦できます。

用意するもの
ペットボトルキャップ(4〜)/シール


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 洗ったペットボトルのキャップ(同形同大同色のもの)を2個ずつセットにする。
    2才
  2. そのセットごとに同じ色のシールを貼る。
    2才
  3. 裏返して1個めくり、色がわかったら、2個目をめくり同じ色がそろったら勝ち。
    2才

育まれる力

どこに何が隠れていたのか記憶力を鍛えるあそびです。記憶力と一口に言っても、自分のめくったものを覚えればいいのではなく、自分以外の人がプレイをしているときにも注意して見なくてはならないなど、ゲームを通じてはじめて経験することもあるでしょう。また、自分でつくることで、2個ずつ同じものがあるという理解に繋がりやすくなります。