風船電話

2才向け

風船が電話に?小さなこどももあそべる科学的な手作りおもちゃ。

風船を使うことで、糸電話のように、ぴんと張らなくても聞こえるので、小さいこどもで扱いやすい電話です。糸電話と違い簡単に自分の声を自分で聞くことも出来ます。

用意するもの
細長い風船/紙コップ(2)/カッター


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 風船をポンプを使って膨らませる。
    2才
  2. 紙コップの底に十字の切込みをいれる。
    2才
  3. 風船が割れないように、そっとコップの外側から内側にセットして完成。親子で電話ごっこを楽しむ。
    2才

育まれる力

自分の喉に軽く手のひらをあてて声を出してみると、喉が「振動」していることがわかります。紙コップと細長い風船を用いて風船電話をつくり、振動が音として伝わることを体験することで科学的な探究心を深めることができます。また、細長い風船は、トンネルとしてくぐったり、ハードルのように飛び越えたり、運動あそびに変わります。