輪ゴム空間

3才向け

輪ゴムをつなげて、家の中にビヨンビヨンやクルンクルンと動く場所をつくる。

家と言う静の空間に対して、輪ゴムのラインをたくさん作って、輪ゴムの動力を生かしたさまざまなあそびや動きを発見してみましょう。

用意するもの
輪ゴム(30)/コピー用紙/マジック


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 輪ゴム30個をつなげ輪ゴムひもをつくり、家のいろいろなところを通して、空中にラインをつくる。
    3才
  2. 輪ゴムひものラインに、かえるの絵を描いた小さな紙を挟んでびよんびよんさせる。
    3才
  3. また、ティッシュペーパーを小さく折り畳み、輪ゴムに挟んでひっぱってから手を離すと、ティッシュペーパーが飛ばせる。
    3才

育まれる力

輪ゴムの持つ動力を十分に理解し、その特性を生かした活動を考えることは、こどもの探究心を深め、活動を拡げます。また、空間の中であそびの場をつくることは、空間構成力も育みます。科学的な探究心と工夫し考える力が身につきます。