輪ゴムでくるくる

2才向け

家の中にうごく場所をつくろう。

家の中という静の場所に、輪ゴムで作ったプロペラの動を組み合わせてあそびます。部屋のいろいろなところに、輪ゴムのラインを引き、くるくる回る場所を作ってみることで、動くものへの興味が高まります。

用意するもの
輪ゴム(10)/コピー用紙


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. イスとイスを2mくらい離す。輪ゴムを10個つなげ、その輪ゴムひもでイスをつなげる。
    2才
  2. コピー用紙を筒状に丸め、輪ゴムひもの中央あたりの輪にさしこむ。
    2才
  3. 紙の筒を、30回まわして離す(プロペラのように筒が回転する)。
    2才

育まれる力

輪ゴムの動力を生かしたあそびなので、理科的な知識の基礎になります。また、空間の中に輪ゴムを掛ける場所を探していくことから、空間を認識し、構成する力も芽生えます。動力や空間といった科学的な好奇心を育むあそびです。回すことで見え方の変化を楽しむこともできます。