メクリンで3人のぐにゃんぐにゃんタコ

4才向け

指先と動きに集中して、3人で動かしてあそぶ。

保護者も一緒に楽しむあそびは、こどもにとって安心感を生み、情緒が安定するので、経験から得るものがより印象に残ります。短時間ででき、一緒に活動をしている感覚を手軽にあじわえるあそびです。

用意するもの
指サック(6)/コピー用紙/ふせん/セロハンテープ/マジック/はさみ


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. コピー用紙を切って、細長い紙を3枚用意する。セロハンテープを使い、中央で束ねてとめ、タコの足の絵を描く。
    4才
  2. ふせんにタコの顔を描き、タコの足の中央に貼り付ける。
    4才
  3. 指サックを指先につけ、紙の端を押さえて、3人で動かし、ぐにゃんぐにゃんするタコの動きをつくる。
    4才

育まれる力

メクリンがあることで指と紙との一体感が強まり、動かすときの不定期な動きが増します。また、2人ではなく、3人が関わることで、その動きの不規則さはより一層増すので、ぐにゃんぐにゃんする感覚を互いに共感しあってください。安定させるにはどうしたらよいかを考えることで、他者との関係性を考えるよいきっかけになります。