メクリンでくにゃり

5才向け

指先だけに集中し、くにゃりと動かしてあそぶ。

タックメモをつなげてつくった長い紙は、不規則な動きを生み出します。その動きから発想し、新しい作品をつくっていきます。異なる色を交互に繋ぐと縞模様になり、見た目にも楽しくなります。

用意するもの
指サック(4)/ふせん/マジック


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. ふせん8枚をつなげて、細長い紙にする。つなげたふせんに蛇や魚などの絵を描く。
    5才
  2. 指サックを指先につけ、紙の端を押さえて一人で動かす。
    5才
  3. 工夫として、ふせんを12枚に増やす。ふせんの色でしましま模様にする。ふせんに別の紙を足して動きに変化をつけてみる
    5才

育まれる力

くにゃりとする独特の動きを楽しめます。その楽しさを味わいながらも、限られた道具でイメージするものをどのように形にするかの工夫が必要です。思い通りにならない道具だからこそ、想像する余地があり、想像力が鍛えられます。ふせんを12枚にすると難易度が増し、挑戦したい気持ちも生まれます。