新聞紙で「いないいないばあ」

~15ヶ月向け

新聞紙を破る音や振動などの感覚を親子で楽しむあそびです。

新聞紙など、簡単に破ることのできる紙を使った、単純なあそびです。破るときの音や振動を感じて驚きを楽しみ、何度も繰り返しあそべます。

用意するもの
古新聞紙


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 新聞紙を広げて、保護者の顔を隠す。
    ~15ヶ月
  2. 新聞紙を思い切り破って、顔をみせると、音にも反応して楽しめる。
    ~15ヶ月
  3. 紙の片方ずつをもって、自分の力で破いているようにみせると、何度でも楽しめる。
    ~15ヶ月

育まれる力

「自分でやぶけたね」「すごいね」などの褒め言葉や、「びりびりびりー」など声がけをしてみましょう。紙のどちらかの端を持たせ、引っ張ってこどもに破らせることで破る感覚を覚えさせると、一人で左右に引っ張って破るようになります。先に裂け目をいれ。破るきっかけをつくってあげてください。将来的には物理現象の理解にも繋がります。