チェーンおとしゲーム

15ヶ月~2才向け

「指先のコントロール」にチャレンジできる、てづくり玩具のゲームあそびです。

保護者には簡単なことも、こどもには難しいことがあります。単純なあそびですが、長くなるほど難しく、穴が小さいほど難しいので、知らず知らずのうちに大きさや長さを考え、コントロールする力が身につきます。

用意するもの
プラスチックカップ/ゼムクリップ(複数)/ボール紙もしくはプラスチックカップの蓋/
セロハンテープ/カッターナイフ

※カッターナイフの使用には十分お気をつけください。
※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 容器に合わせて、ボール紙の蓋を切り、直径2cmほどの穴をあけておく。(難易度に合わせて、穴を何種類か用意すると楽しい)
    15ヶ月~2才
  2. ゼムクリップをつなげて一本にしておく。5個繋ぎくらいから始めて、いろいろな長さを用意するとチャレンジできる。
    15ヶ月~2才
  3. つくった蓋を、容器の口に、ずれないようにセロハンテープでとめておく。
    15ヶ月~2才
  4. チェーンを容器の穴に落としていく。ゼムクリップの大きさと穴の大きさの関係や繋いだ長さによって難しくなるので色々挑戦する。
    15ヶ月~2才

育まれる力

できるようになる喜びを、一緒に感じましょう。ゼムクリップも、軽いもの、重いもの、細い物、太い物で様々な楽しみ方ができます。(毛糸や細めのロープでもOKです)試行錯誤を楽しめるように、様々なパターンを用意してあげるとよいでしょう。穴の大きさやチェーンの長さを変えながら、どの組み合わせが早いかを学ぶチャンスになります。