どくどくボトル レベル1

~15ヶ月向け

水が重力で下に流れることを単純に楽しめる、自然現象を楽しむあそびです。

水が脈をうちながら、どくどくと流れ落ちる感覚を楽しむためのてづくりおもちゃあそびです。単純な自然現象ですが、水の流れの不思議さをきっかけに、おもちゃを通じて、好奇心を伸ばします。

用意するもの
柔らかいペットボトル(500ml)(2)/ビー玉やどんぐりなどの小さなもの(複数)/
ビニールテープ/はさみ


※誤飲・ケガ・アレルギー・素材の破損などにお気をつけください。

STEP

  1. 片方のボトルに7割ほどの水をいれる。このとき、ドングリやビー玉なども中にいれる。(これは大人が作業する)
    ~15ヶ月
  2. もう片方のボトルを飲み口の上にのせて、ビニールテープで隙間のないように、しっかり留める。(これは大人が作業する)
    ~15ヶ月
  3. 逆さまにして、砂時計のようにあそぶ。
    ~15ヶ月

育まれる力

水が流れ落ちるという自然現象をきっかけにして、不思議だなあという好奇心が芽生え、科学的にものをみる基礎的な力や、自然現象を楽しむ力が育まれます。小さなこどもには、水の動きを目で追うことやひっくり返す行為での指や手首の運動という、身体能力にもつながります。日常に隠れた不思議をたくさん見つけていきましょう。